思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

EM菌とてるてる坊主

 

dimofsoul.mitona.org

 

EM菌について。上の記事を読んで。

 

……

 

みなさんは「てるてる坊主」の効果を信じますか?

わたしは信じてません。

あんなもので天候に干渉できるはずがありませんものね。

 

しかし、てるてる坊主に無邪気にも遠足の日の晴れの願いを込める子供や、「みんなでつくってお願いしようね」等と指導する先生にいちいち目くじらを立てて抗議したり、学校現場での呪術の使用の是非を問うような議論をするつもりは全く起きません。

 

 

何故でしょう。

それは「それで金儲けしようとする人がいないから」です。

 

 

ためしに、まず「てるてる坊主 作り方」で検索してみましょう。

いくつかのサイトを覗いてみても、特定の商品を売ろうとする人はまず居ません。

材料はほぼ家庭に常備されているようなローコストのものばかり。学校でてるてる坊主を作るとしても、どこか特定の業者が儲かるような気配はありません。

 

 

次に「EM菌 作り方」で検索してみましょう。

どのサイトを見ても、まず原液を用意しなくてはなりません。個人の感想に過ぎませんが、どこもかしこもその原液を売りたい気持ちが丸見えです。特定の業者のものが多いようです。

ということは、学校でEM菌を使って何かしようとすればその特定の業者が儲かるようになっているようです。

 

 

学校で使うとなれば、基本的にはそれは公金からの支出になります。

税金が使われ、特定の業者が儲かるからには、やはり効果やリスクに関するある程度の根拠は必要でしょう。現状それが無いようなので、私としては「公金を支出してのEM菌の実用」を認める気にはなれません。

ましてや学校現場ともなれば、「先生」や「授業」が絡んでくればいくらニセ科学でも本物の科学として児童生徒に伝わる可能性もあります。かなり強力な「宣伝」になってしまいます。取扱いには慎重になって然るべきでしょう。

(ただし、「こういうテーマがあるから本当に効果があるのかないのか確かめてみよう」という実験に使われるのならば教育的に有益かと思いますので認めましょう。もっともそれ以外にもやるべき実験は多々あるでしょうが。)

 

 

無邪気なおまじない(許容範囲)のてるてる坊主だって「特定のティッシュを使えば滅茶苦茶効く」とかいう話になればEM菌に対するものと同じような反感が芽生えると思います。

 

そういうわけで、私にとってEM菌に対する反感は「科学的かどうか」云々より以前に「カネの問題」です。

詐欺ダメゼッタイ。

北朝鮮のミサイルにどう向き合うか

ロシア・中国・韓国ではなく、なぜ日本の上空を越えるように飛ばすのか。

 

それは北朝鮮が日本の憲法9条を知っているからだろう。

「あいつはいくら怒らせてもやり返してこない」というのが分かっているのだ。イジメっ子が、やり返してこないか、やり返されたところで痛くも痒くもないような弱い相手を狙って嫌がらせを繰り返すのと似ている。

 

少なくとも当面こっちに向けて撃ってこないようにするためには、憲法9条を取り払うしかないだろう。

北朝鮮が核・ミサイルの能力を高めつつある今、日本はおろかアメリカすら「実際の軍事行動」はリスクが大きい。経済制裁や対話などといった他のオプションも実効性に乏しい。

何をしても相手が変わらないのであれば、自らが変わるしかない。

おっさんの若者離れ

「若者の◯◯離れ」の◯◯に入る言葉は実に多い。

若者である時期を過ぎた中高年は、それを嘆いたり怒ったり蔑んだり、とにかく色々するのである。

 

しかし実のところ若者ではない人たちは、過去の思い出にしがみつきながら、若者からどんどん離れていっているのだ。

時間の流れは止まらないし、逆転もしない。だからその距離は大きくなる一方である。

おっさんの若者離れは、不可逆的な現象である。

 

 

特におっさん・おばさんを非難したいわけではない。

私自身が既におっさんであるし、何よりも今「若者」と呼ばれる人たちも、いずれはそうなるのである。

 

時代・流行は絶えず移りゆく。

これだけをしっかり忘れないでおきたい。

 

 

 

ずっと傍観していたシリアへの攻撃にアメリカが踏み切った!と思った矢先に米中首脳会談の最中にミサイル実験しやがった北朝鮮に向けてトランプ大統領がついに空母打撃群を差し向けたことでにわかに東アジアにおける戦争勃発が現実味を帯びてきた今日このごろでございます。

近年吾が日本を含む国際社会が経済制裁だ対話だ等とモタついている間にかの王朝はミサイルの射程をのばし核の力を身に付けつつあり「どうせやるんならもっと早く叩いとけよ」と思わずにはいられません。

ヤケクソになった北朝鮮が日本にミサイル撃ってきたらどうしよう!などという心配の声も上がっておるようですがどうでしょう一応我が国には憲法9条があって攻撃されない限り攻撃できないという現状においてわざわざ日本参戦を招くミサイル攻撃をするかっていうと微妙な気もしますがそこはヤケクソになってるのが前提なので分かりません。

9条バリアは相手に正常な判断力と「国際社会の非難」への畏れがあってはじめて機能するものなので超大国アメリカの攻撃を受けてやけっぱちになっちゃったら意味ないと思います。

とはいえ――日本にある米軍基地からもある程度の戦力が出るとしても――主要な戦力も物資も陸続きの韓国に置かれるだろうからわざわざ海を隔てた日本を攻撃するメリットはあんまりなさそうじゃないですか。

なんだかんだいって自棄になろうがなんだろうが使える兵器にも限りがありますもので。

日本の国土が北朝鮮の攻撃に晒されるのは万が一にも北朝鮮の大攻勢で韓国が「火の海」になって半島がすべて金正恩の手に渡った後だと思いますが北朝鮮が単騎でいる限りはアメリカ相手に大金星なんて事態にはならぬかと存じます。

中国が北朝鮮についたらそれはもう米露ですらやらなかった第三次世界大戦ですがそれを中国が最近は言うことを聞かなくなった北朝鮮のためにやるかなという懐疑はあります。

北朝鮮がアメリカに占領されたら中国と陸続きになっちゃうところなのでやっちゃうかもなーという心配もあってもしそうなったら「戦争に巻き込まれるー!」とか言ってる場合じゃないのでどのみちやばいですね我が国は。

結局何がどうなるかわかりませんけどなるようにはなるというかなるようにしかならんという次第ですはい。

我が国の運命は今まさに米、中、そして北の出方にかかっているのであります。

「残業禁止」してもなー

 「禁止」しさえすれば問題が片付くというのは、あまりに楽観的

残業の発生はマネジメント層の無能であり敗北であるというのは、たしかにそうかもしれない。

しかしそこで単に残業を禁止にして「やらなくてはいけなくなればやるだろう」というのは、それこそ「ブラック」な考え方じゃないか。この議論はある種社会のマネジメントとも言えるが、であれば、そんな結論に至る我々マネージャーは限りなくブラックで無能である。

 

有能なマネージャは、問題となっている現象があればその原因をしっかりと分析して、有効かつ可能な解決策を練り、関係各所への根回しを行いながらそれを実現するものである。であるならば、この問題の議論もそうでなくてはならない。

必要なのは「現象の理解」→「原因の分析」→「解決策の検討」→「準備」→「実行」の5段階である。

 

 

APAホテルの件

www3.nhk.or.jp

ブコメを読んで。

 

「国の外面」のために一企業または一個人に「黙れ」というのがまかり通るなら、それこそ「人権後進国」ではないか。

まるで中国のようだ。

しかしそんな中国でも近年オリンピックが開かれたばかりなので、 誰かのいうように「日本はもはや国際式典は主催できない後進国と見做されるコース」にはならないと思うが。

 

ちょっと思想が違うだけの他者を認められない者たちは、言語も文化も違うし思想信条もまるっきり異なる外国人がオリンピック等で来日したり移民などの形でやってきたりすると「危険な排外主義者」に成りかねないので、注意監視が必要ではないか。

それこそ国際式典は主催できない後進国と見做されかねない。

「労働生産性」は気にしない!

労働生産性が低い」などと言われると、どうしても仕事の効率が悪いふうに捉えがちで、なんとかしないといけない風潮になっているように感じるのだが、少し立ち止まってみるのもどうか。

 

あの数値は単に利益等と人件費等の比でしかない

 

コストは安いほうがいい。

1000円のモノを売るのにかかるコストは、もちろん600円であるよりも300円などであったほうが儲けは大きい、という話はみんなわかっている。

だから「労働生産性が悪い」などと言われると、どうやら1000円のモノを売るのに労務コストが700円も800円もかかっていて、マズいぞ、みたいな意識になりがちだ。

しかし、これは価格を固定した考え方しかしていない。

 

何をどうやっても500円のコストがかかる商品(財やサービス)があるとしたら、それに1000円の価格をつけるか、1500円の価格をつけるかで「労働生産性」は変わってくる。

コストの側を固定すると、「労働生産性が低い」は単に「設定価格が低い」という意味にしかならない

 

 

我が国の「労働生産性の低さ」の原因はどちらかと考えたとき、実際にはコストも価格も変動するから一概に言えないが、どちらかといえば後者によるものが大きいのではないだろうか。

前者の労働効率が悪いという話になると、『日本人は勤勉だ』とか『労働者の質が高い』という話と矛盾して不思議だ、という話になる。しかし、価格が低いという話ならば、『安い価格で高品質なサービスを受けられる』という我が国の評判を考えたときに特に矛盾も不思議もない。

 

そして価格の低いのが問題かというと、これも一概にそうとも言えない。

売る側の利益が少ないということは、裏返せば、買う側は安く買えるということだ。

 

 

無理に「労働生産性をあげよう」として、労働者がこれ以上頑張り過ぎるのも苦しいし、価格が上がってモノが高くなるのも(賃金が変わらなければ)苦しい。

 

だから、労働生産性なんて気にするのはやめよう。