読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

ISIL日本人人質事件に思うこと

日本政府の対応について

 今回の件の結果は、人質2名殺害という最悪のものになった。尊い人命が損なわれたことに対して、別の言葉はない。

 しかし「別の結果」も見落としてはならない。つまり、日本政府が身代金を支払わなかった(交渉すら行わなかった)ことだ。

 これについては「人質を見殺しにした」という批判がある。確かに彼らを救うことは叶わなかった故にこの批判は一見正しく思えるが、何も本当に何もせずにいたわけではないようなので、見殺しという表現が適当であるかどうかについては議論の余地がある。しかし仮にこれが日本政府による「見殺し」であったとしても、今回の対応を賞賛したい。

 理由のひとつは、テロリストの集団に資金を流さなかったことだ。200億もの大金が彼らの手に渡った場合、更なる暴力の原資になる恐れがある。それによって被害を被るのは一人や二人では到底済まないだろう。当然日本人だけに被害が及ぶわけではない。今回人質となった二人を見殺しにして、多くの命を守ったともいえる。人命については人数だけの問題でもないが、人数の問題も大きい。

 ふたつめは、「日本政府は人質をとって脅しても金を出しませんよ」という姿勢をアピールできたことだ。仮に身代金を支払っていれば、確かに湯川氏・後藤氏は助かったのかもしれないが、今後これに味を占めたISILに限らず、ならず者達に日本人が誘拐される危険は圧倒的に高まっていただろう。

 後藤氏殺害のビデオには、ISILの思い通りにならなかった日本への怒りが語られている。日本の悪夢が始まるとも言われている。これを指して「日本人に危機が!」と政府批判を行う向きもあるようだが、言うだけのことなら誰にでもできるものだ。これから実際に何がどのくらい起こるのかを見なければならない。「どうせあいつらにゃ何もできやしないよ」等と高を括るつもりは毫もないが、果たして金を払っていた場合はどうなっていたのかと想像すると、それよりはだいぶマシであろう。

彼らの正当性

 テロを生んだのはアメリカだ、口実を与えたのは安倍という声もある。確かにその通りかもしれない。しかし、だからなんだと言うのだ。身内を惨殺されたって、加害者を惨殺する権利は発生しない。自らも殺人者となって、暴力の連鎖が続くのみである。口実がなんだというのだ。「アイツ俺のこと睨んでてムカついたから殺してやった」なんて口実があったとして一体何になるというんだ。

 正義と悪とは相対的なものであるので、彼らには彼らの正義があることは理解できる。しかし逆も然り。我々にも正義がある。彼らの正義と我らの正義が対立する以上は、こちらからみて「彼らは悪である」と定義せざるを得ない。

今後について

 個人的には、報復攻撃を実施すること、または他国のそれに加担することには消極的に否定的である。上段の「身内を惨殺されたって、加害者を惨殺する権利は発生しない」というのはもちろん我が国にも当てはまるものである。二人が殺されたからといって、相手を二人殺す権利が発生したわけではない。だが「絶対反対」というほどでもない。行けとは言わないが、行くと言われれば容認するだろう。

 殺される前に、脅しに使われる前に、助け出すことができればそれでオッケーなのだが、それは難しいだろう。日本の憲法のような制約もなく、彼らを抑えるための戦いを実際に行なっている国においてさえも、実力行使による人質救出の実績はないようだから、現実としては「さらわれたらオシマイ」ということである。手も出せない、金も出せないとなれば、何をしても結局「見殺し」にするしかない。

 とすれば、唯一のできることは「さらわれないようにする」こと。これを国と個々の日本人が地道に行なっていくしかない。