読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

英単語学習のオススメアプリ「1」選。または 私のAnkiの使い方

ご存知の通り、ものごとを覚えるにはとにかく反復が大切です。

つまり、反復ができる学習法がよい学習法なのです。(他にも諸条件ございますが、ここでは割愛させていただきます)

ということで、単語や例文を覚えるのに最強のアプリは Anki です

間違い有りません。

 

AnkiMobile Flashcards

AnkiMobile Flashcards

  • Ankitects Pty Ltd
  • 教育
  • ¥3,000

Android版は無料です。つべこべいわず今すぐダウンロードしましょう。

iPhone版は有料で、記事執筆時点では3,000円ですが、PC / Mac 等用にデスクトップ版がありますので、絶対必要とまではいいません。

逆にデスクトップ版は自分で暗記カードをつくるならほぼ絶対必要です。こちらもつべこべいわず今すぐダウンロードしましょう ( Anki のウェブサイト から)。

Anki のすごいところ

  • 自動で学習スケジュールを組んでくれるところ
  • デスクトップとモバイルで連携がとれるところ
  • たしかな記憶とともに、学習グラフを築き、眺め、愛でる喜び

などです。3つめなどはマンションの広告ポエム風に表現してみましたがいかがでしょうか。

もっと細かい話は 読書猿さんの記事 などをご参照ください。

私の Anki の使い方

既成 deck には目もくれず、カードはすべて自作していました。

手順は以下の通りです。

  1.  知らない単語・意味が即座に分からない単語に出会う
  2. 手帳に書き留めておく
  3. その日の晩にPCを立ち上げる
  4. ストックした単語を英英辞書でひく
  5. 「表面」には、まず例文を打ち込み、覚えるべき単語の部分はアンダーバー3つで空欄に見えるようにしておく。
  6. その下に、その単語の定義(意味の説明の部分)をそのまま書き写す
  7. 「裏面」に正解を書いておく

学習の分量など

  • 1日に5単語分のカードを追加
    ……ニュースサイトからでも洋書からでもなんでもいいから、5単語と出会うのを日課とする。
  • 1日に100単語を復習
    ……もしかしたら少ないように思われるかもしれないが、定義文や例文などで結構読むことになるのでこれでいっぱい。
  • Ankiは一日一時間まで。復習30分。入力30分(例文の選定とかでけっこう時間を食う)。
  • このペースで続ければ1年あたり1,825語「確実に」増える。
  • 辞書は電子辞書内の Oxford Dictionary of English を活用。
    ……(搭載機種が少ないので無理にオススメはしない。色々なものによく入っている LDOCE や OALD で十分だと思う。ネットでも引けるし。

注意点

  • 許容される回答が多くなると面倒なので、空欄の前に単語の頭文字も残しておく (例えば、 water → w___ )
  • 学習すべき単語が例文中で活用されている場合は以下のように入力する
    ・現在分詞、動名詞は ___ing
    ・動詞の過去形、過去分詞は ___ed
    ・複数形、動詞の三単現形は ___s
    (不規則変化する単語も上に従う。例えば children → c___s , took / taken → t___ed )
  • 学習スべき単語が定義文中に出てきてしまう場合は、以下のように対処
    ・他の辞書を引いて、その定義文を使う
    ・定義文を若干改変する(主部に含まれるなら主部を削って述部だけ残す、など。若干の文法力が必要)
    ・(最後の手段)例文だけの表面にする

以上、ご参考になりましたら幸いです。