思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

2016.8.22

突然付け始められる日記。

突然終わるのだろうけど。

 

 

ハリーポッター

『秘密の部屋』(2作目)を読了。kindle にて。

unlimited 対応タイトルになっていて、無料体験スタートとともに1作目『賢者の石』から読み始めたものだが、2作ともなかなか凝ったつくりになっていて面白く読めた。

20年近くも「読まず嫌い」していて申し訳なかった。自分に。いくらメガネとラドクリフ似の丸顔のせいで、中高生当時の仇名が一部で「ポッター」だったとは言え……。

こんな零細ブログで、もう20年近くも前に発表された作品について「ネタバレ注意」も何もないと思うのだが、一応注意。

 

『賢者の石』は、とにかくスネイプ先生についての転回が見事だった。

 

『秘密の部屋』は、序盤・中盤は雑多な出来事が多いなかなか物語の核に迫れない感じがもどかしいのだが、終盤で一気に散らばりっぱなしだと思われていたパズルのピースが繋がりはじめ、最後には見事ひとつにまとまる感じが素晴らしい。

でも個人的には『賢者の石』のほうが好きかな。

とにかくロックハートの存在が――作中世界でもとても鬱陶しい人物として描かれているのだが――無駄に大きい気がする。

シン・ゴジラ

はまだ観れていない。

「防衛出動か災害出動か」が若干問題になっているようだが、石破先生が内閣総理大臣になられた暁には、ぜひとも憲法や法律より国民の生命と財産を守っていただきたい。