思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

ずっと傍観していたシリアへの攻撃にアメリカが踏み切った!と思った矢先に米中首脳会談の最中にミサイル実験しやがった北朝鮮に向けてトランプ大統領がついに空母打撃群を差し向けたことでにわかに東アジアにおける戦争勃発が現実味を帯びてきた今日このごろでございます。

近年吾が日本を含む国際社会が経済制裁だ対話だ等とモタついている間にかの王朝はミサイルの射程をのばし核の力を身に付けつつあり「どうせやるんならもっと早く叩いとけよ」と思わずにはいられません。

ヤケクソになった北朝鮮が日本にミサイル撃ってきたらどうしよう!などという心配の声も上がっておるようですがどうでしょう一応我が国には憲法9条があって攻撃されない限り攻撃できないという現状においてわざわざ日本参戦を招くミサイル攻撃をするかっていうと微妙な気もしますがそこはヤケクソになってるのが前提なので分かりません。

9条バリアは相手に正常な判断力と「国際社会の非難」への畏れがあってはじめて機能するものなので超大国アメリカの攻撃を受けてやけっぱちになっちゃったら意味ないと思います。

とはいえ――日本にある米軍基地からもある程度の戦力が出るとしても――主要な戦力も物資も陸続きの韓国に置かれるだろうからわざわざ海を隔てた日本を攻撃するメリットはあんまりなさそうじゃないですか。

なんだかんだいって自棄になろうがなんだろうが使える兵器にも限りがありますもので。

日本の国土が北朝鮮の攻撃に晒されるのは万が一にも北朝鮮の大攻勢で韓国が「火の海」になって半島がすべて金正恩の手に渡った後だと思いますが北朝鮮が単騎でいる限りはアメリカ相手に大金星なんて事態にはならぬかと存じます。

中国が北朝鮮についたらそれはもう米露ですらやらなかった第三次世界大戦ですがそれを中国が最近は言うことを聞かなくなった北朝鮮のためにやるかなという懐疑はあります。

北朝鮮がアメリカに占領されたら中国と陸続きになっちゃうところなのでやっちゃうかもなーという心配もあってもしそうなったら「戦争に巻き込まれるー!」とか言ってる場合じゃないのでどのみちやばいですね我が国は。

結局何がどうなるかわかりませんけどなるようにはなるというかなるようにしかならんという次第ですはい。

我が国の運命は今まさに米、中、そして北の出方にかかっているのであります。