思考録

個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

4月の将棋

4月の将棋ライフを振り返ってみることにしました。

 

特にこの4月は、3月末にしばらく勤めた会社を辞めたため休息期間として趣味(もちろん将棋)に集中できたので、いろいろと読んだり解いたり対局したりイベントに参加したりと、時間をつかって将棋を楽しむことができた1ヶ月でした。

 

名人戦第2局、現地大盤解説会へ

名人戦の対局が県内で行われるということで、居ても立ってもいられず対局場近くで行われた大盤解説会へ足を運びました。

解説は『藤井六段の師匠』でお馴染み(?)の杉本昌隆七段。聞き手役の石本さくら女流とのコンビネーションもバッチリで解説が非常にわかりやすく、初級者の私でも十分に楽しめました。

正副立会棋士のお三方のほかにもプライベートで来県されていたという渡辺明棋王も急遽登場され、飯島七段と共にキレッキレの解説を披露されておりました。オススメの観光地答えられなくてスミマセン(いやーでも車がないとあの辺りは本当に難しい……)。

対局場から少々離れていたということもあって、佐藤名人と羽生竜王の登場が無かったのは残念でしたが、次も近くであればまた行こうと思います。時間があれば。

 

詰将棋はまだ3手詰

4月中頃には『3手詰ハンドブックII』200問を解き終わりました。最終的には「1日に10問新しく進め、昨日やった10問を復習する」というペースに落ち着きました。

解き終わったあとは、3手詰を続けるか、5手詰に進むか、で迷いましたが、まだまだ難しい問題や即答できない問題も多かったので、『3手詰ハンドブック(I)』を用意しつつしばらく『II』を繰り返し、感覚を叩き込むことと致しました。

居飛車から振飛車に転向

指し始めてしばらくは居飛車、主に矢倉で戦っておりましたが、居飛車しか知らんのも良くないな~ということで、主に四間飛車で戦っていくこととしました。

矢倉と違って「相手がどんな出方だろうととりあえず四間飛車に振る」ことができるのがイイなと思ったのと、あとは美濃囲いの手軽さ、固さ、伸展性など、なんとなく惹かれるところがあったので。とりあえず3月に購入した『羽生善治の定跡の教科書』で基礎(?)を学び、藤井猛九段の『四間飛車上達法』を購入して勉強中です。

居飛車振飛車は、やはり感覚が全く違いますね。居飛車は、飛車を動かす手が要らない分、囲いを築きつつ飛車先を伸ばして先攻する将棋。振飛車は(対抗形の場合)飛車を相手の飛車先に回って居飛車の先攻を受け止めて反撃する将棋、という感覚です(が、あっていますでしょうか汗)。

ネット対局は81dojoから将棋ウォーズへ

指し初めはなんとなく81dojoを選んだのですが……皆さん強くてあまりにも勝てないので(失礼ながら)たまに勝てる相手も多い将棋ウォーズへ移行しました。

ウォーズのいいところは、エフェクトなどがなんとなく楽しいこと、マッチングがオートであること、チャットがないので気楽に対局できること、ですかね。

81dojoのようにチャットがあると感想戦なども出来て良いという面もあるのですが、ほんとごく一部、対局中一生懸命考えているところで急かしてくるような人もいて気分が悪くなることもあったりなかったり。「本格的」である分しきいが高く、それで強い人しか集まらないのかなぁなんて思ったりもします。強くなったらまた参加してみようと思います。

 

小学生に混じって……

リアル対局にも手を出すようになってしまいました。

小学生メインの週末道場が「大人でもOK」ということで恐る恐る顔を出してみたんですが、本当に小学生だらけ。でも大人もチラホラ居て一安心。

で、みんな強い。

負けてばかりです。

塾(勉強)では教える側なんだけどなぁ……。

 

形勢的には圧勝だったなぁという将棋も何局かあったのですが、中盤で時間を使いすぎてしまい終盤詰ませる前に時間切れ。早指し力を鍛えるのが目下の課題であります。

棋譜並べをなるべく素速くやるとイイとどこかで見たか聞いたかしたような気がするのですが、どうでしょうか。

 

 

 

さて、4月はこんな感じでした。

で、「休む」と決めた4月も終わってしまい、5月は次の仕事(自営開業)の準備などもあって4月ほどは将棋に没頭できなくなりますが、まだまだ強くなりたいと思っています。

藤井聡太全局集』通常版ですが予約したので、今から楽しみです。

ウォーズにもとりあえず課金したので、指しまくっていきたいと思います。